旅行

レインボーブリッジ Rainbow Bridge – 構造 – 夜景

レインボーブリッジは、お台場と東京の中心部を結ぶ東京湾北部の素晴らしい吊橋です。 レインボーブリッジは1993年に開業しましたが、テレビのドラマや映画で主役を演じる前は、写真家や旅行者の心に残り、東京の主要なアイコンとしての活気を示していました。

レインボー ブリッジ 構造 – Rainbow Bridge Structure

橋の長さは798メートルで、2つの塔があり、道路交通とゆりかもめ線の両方を支えています。 片側に歩行者用の歩道があることから、2階建ての橋と呼ばれています。 この観光名所は、お台場からのパノラマの景色を提供し、日が夜に変わるときに体験するのに素晴らしいです。

お台場のレインボーブリッジの歴史と建設

川崎重工業が建設したレインボーブリッジは1993年に開通しました。橋の建設には6年かかりました。 船が通過するためには、少なくとも50メートルの高さが必要でしたが、羽田空港に近いため制限もありました。そのため、垂直デッキを支えるスチールケーブルと白い塗装で作られています。 塔はお台場の視点からスカイラインと調和するように設計されました。

レインボーブリッジを360度カメラ – Rainbow Bridge

ビデオクレジット –Video Source

The most famous suspension bridge in Tokyo. Total length : 798 meters, width : 49 meters, and Height: column high 126m, bridge girder : 52 meters.

レインボーブリッジ – 東京港連絡橋 – 夜景

お台場のレインボーブリッジは、日時に応じたイルミネーションで有名です。 毎晩、日没後、その白いワイヤーが暗い空を美しく照らし、雄大な色で放射します。 昼間に点灯する光沢のあるガラスパネルは、午前12時まで点灯し続けます。午前12時になると、さまざまなステージに移動するとライトの色が変わります。 週末は平日の休日の2倍の数のライトが点灯し、各ステージはその週の日付に関連する色を照らします。

レインボーブリッジへの道のり

東京に行ったことはありますか? レインボーブリッジは必見です! お台場と本土を結んでおり、ゆりかもめ線のお台場海浜公園駅と芝浦ふ頭駅の近くにあります。 地下鉄の中心部から、JR山手線で新橋駅まで行き、ゆりかもめ線に乗り換えて、景色を楽しみましょう!

最終的な考え

レインボーブリッジは、東京湾にまたがり、東京と人工島のお台場を結ぶ建築と文化のシンボルです。 高層ビルを背景にした色とりどりに照らされた橋の眺めは、都会の交響曲を引き立てます。 お台場にはやることがたくさんあるので、飽きることはありません! この活気に満ちたエリアを訪れるときはいつでも、時間をかけて、ゴージャスな街並みを楽しむことができる橋を探索してください。

 

よくある質問  (FAQ)

レインボーブリッジのながさは?

東京港にかかる「レインボーブリッジ」(東京港連絡橋)は1993年に開通。 長さ798メートル、東日本最長の吊り橋で、東京・芝浦地区とお台場地区を結んでいる。

レインボー ブリッジ 構造 ?

通行路は瀬戸大橋や横浜ベイブリッジと同様、上下2層構造になっており、上層には首都高速11号台場線、下層には中央部に新交通システム・ゆりかもめが、その両側に臨港道路海岸青海線が通る鉄道道路併用橋である。

あなたも好きかも