旅行

上色見熊野大社 – Kamishikimikumanoza Shrine

上色見熊野大社は、日本で最も人気のある神社の一つです。大阪市内にあり、農業の神様を祀っています。711年に創建され、それ以来、巡礼者の人気スポットとなっています。

上色見熊野詣の歴史と伝説

上色見熊野大社(かみしきみくまのいますじんじゃ)は、大阪市にある神社である。祭神は豊穣、農耕、福徳の神。711年、初代天皇である神武天皇によって創建されたと言われている。

神社の名前である「神式見」は、「上から見守ってくれる神様」という意味です。熊野詣は「神を祀る」という意味である。上色見宮(かみしきみのみや)、上色見大社(かみしきみおおみや)とも呼ばれる。

本殿は1587年、織田信長に次ぐ戦国武将、豊臣秀吉が建てたもの。本殿は国宝に指定されている。また、1499年に建てられた五重塔もあり、大阪で最も古い木造建築の一つである。

境内は広々として美しく、多くの木々や花が植えられている。また、稲荷池という小さな池があり、そこには狐が住んでいると言われている。

上色見熊野大社へのアクセスは?

上色見熊野大社へのアクセスは、JR東海道本線で清水駅まで行きます。そこから神社までは徒歩で約15分です。神社は閑静な住宅街の中にあるので、地図を持っておくとよいでしょう。神社に到着すると、この神社が人気のスポットである理由がよくわかります。富士山と駿河湾の景色は、まさに絶景です。

上石神井熊野座神社 360 – Kamishikimikumanoza Shrine 360

Shrine in Takamori-machi, Aso District, Kumamoto Prefecture. There are nearly 100 lanterns lined up on the approach road, making it a shrine with a more fantastic atmosphere due to the rocks leading to other worlds.

鵜戸岩石(うげといわし)とは?

鵜戸岩石は、上色見熊野大社にある有名な石です。この石には願いを叶える力があると言われています。この神社には、願い事を祈願するために多くの人が訪れています。地元の伝説によると、この岩から鬼が逃げ出したときにできた穴だそうです。

この穴を開けることができれば、どんな困難も乗り越えられると言われ、この岩は困難な目標を達成するためのシンボルとなっている。

あなたも好きかも